topimage

2007-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひなたぼっことおいかけっこ - 2007.04.29 Sun

世の中は全国的に?GW。ぽかぽか陽気のライアン地方。
GWで旅行にお出かけの方々も多いらしい・・・。
でも、どこにも連れてってもらえないライアン。
私もなかなかかまってあげられず、つまらなそうにしている様子。
ライアンは、日中は庭でご~ろごろ。
0429-6


日差しが暑くなってきたのか、日陰と日向を行ったりきたり。
0429-4

あっちでごろ~ん、こっちでごろ~ん。
時々ツバメを追いかけて、
0429-3


0429-1

庭を駆け回り
0429-2

・・・またごろ~ん。
いいなぁ・・・オマエさん。
恍惚の表情だね
0429-5

さて、このキモイのはなんでしょう?
0425-8

コレです。そろそろ見頃です。私が子供の頃からずっとある藤。
0429-7

ハナミズキもきれいです。♪う~すべにいぃろのぉ~
0429-8

スポンサーサイト

芝桜の丘へ - 2007.04.27 Fri

上野村でイノブタ鍋が出てくるまでの間、村のパンフレットをパラパラとめくっていたときのこと・・・
なになに、ここから埼玉県の秩父まで1時間とちょっと?!
秩父といえば、前日のNHKニュースで芝桜が見頃だと放送されたばかり。
これは行かねば~!で、行きましたとも、芝桜を見に。
ところが、芝桜のある羊山公園付近は案の定、渋滞・・・公園に行くには臨時駐車場に車を停めて30分位歩かなければなりません。
辺りはすごい人、人の波にぞろぞろと歩いてようやく到着しました。
今度こそ、花はちょうど見ごろです。
0427-1

芝桜もいろいろな種類があります。8種類、35万株以上が植えられています。パンフレットによると、ピンクから紫の色合いが女性ホルモンの分泌に良いとか?
0427-2

芝桜の丘の向こうに見える山は秩父のシンボル「武甲山(ぶこうざん)」。石灰岩の山で、石灰の採掘が行われているため、標高がだんだん低くなってきているそう。
そうです、チチブセメントの山ですね。(知ってますか?)
0427-3


Read More »

上野村へドライブ - 2007.04.23 Mon

ここのところ、学校の課題提出期限があり更新がおろそかになってました。課題も無事提出し、久々の更新です。のぞいて下さった方、申し訳ありませんでした。

さてさて、気候のいい季節になりましたね~。週末、ライアン県の奥座敷、上野村へドライブへ行ってきました。村の面積の9割が森林という自然に囲まれたところです。今の季節、ヤシオツツジというピンクの花が山にたくさん咲きます。そして、村内には樹齢500年、県の天然記念物のしだれ桜があります。それを見に行こうと出発。一緒に行く友達が犬が苦手なのでライアンはお留守番です。
0425-1

ちょっとだけヤシオツツジが咲いてます。(わからない?)
「山笑ふ」季節ですな~。
さて、奥座敷とはいえ、ライアン家から村までは車で1時間もかかりません。それは、トンネルが開通したから。以前からスーパー林道なる、その名の通り山道のものすごいのがありましたが(今もあり)、新しいトンネルの開通により、上野村からライアン市内の学校や病院へ村営バスで通って来られるようになったわけです。すばらいいことですな。
さて、「ヤシオツツジ」、実は花はまだ少し早かったんですね~。で、ナント!しだれ桜はすでに散ってました・・・。残念。花の見頃はむずかしいですね。
0425-2


早速、上野村へ到着。
0425-3

ここは、「こかげ」という村在住のクラフトマンたちのお店です。木工品や家具、陶器や漆器、竹細工など様々なものがあります。欲しいものばかり、でもお値段が・・・。

そして、慰霊の園へ到着。近くにいても今まで来る機会がありませんでした。日航機事故で亡くなられた方々のご遺骨が納められています。
0425-4

御巣鷹の尾根に向かって手を合わせる形をしているそうです。御巣鷹山はここからまだ遠く。のどの奥がツ~ンと痛くなります。
隣には資料館も置かれています。そして今でもお線香の煙が絶えることはありません。
あれから20年、人々の記憶はだんだん薄れていくけれど、忘れちゃいけない人災の記憶ですね。合掌・・・。

さてさて、上野村といえばイノブタ!イノシシと豚をかけあわせたイノブタが名物です。ということで、お昼はイノブタ鍋。
0425-5

豚肉に似たイノブタ肉と野菜を地元特産の十石味噌を使って煮込んでます。臭みも無くおいしかったです。
お昼を食べてスカイブリッヂへ。
0425-6

高さ90m、山から山へ架けられています。長さ225mあり日本でも有数のつり橋です。ビミョ~にゆれる橋からは深い谷が見え空中散歩が楽しめます。
私が買ってきたもの・・・
0425-7

木杓子です。シブイ。
つづきは後日・・・。

あ、ライアンも元気です。
0425-9

ふたたびの、妙義山・・・つづき - 2007.04.18 Wed

今日は寒さ逆戻りのライアン地方。先日の暖かさはどこへやら・・・
さて、先日の続きを・・・
妙義ふるさと美術館からさらに山を登って中之岳神社へ行きました。
0418-1

ここまで来ると眼前に迫る山の姿も一見の価値ありです。
ライアンはいつもの通りクンクン、ここから動きません。
0418-2

奇岩怪石の妙義山を楽しむ人々がたくさんいる中、駐車場に車を停めてあたりを散策。ハイカーのおじさん、おばさんたちがたくさんいました。
↓ここが石門めぐりの登山口。むこうに見えるのが第1石門(たぶん)。
そして、右側が鎖場です。「かにのこてしらべ」‘こてしらべ’だからまだまだ序の口です。
0418-3

石門めぐりは、数ヶ所の鎖場などを通って第4石門まで行くことができます。ライアン市内の人々なら必ず小学校時代には「少年自然の家」に宿泊し、この石門めぐりを経験しているはず?!です。
ちなみに、私は小学校時代と、18歳の時と、そして、今から数年前には、妙義神社から大の字のところを通って山中を歩きこの石門までの登山コースを歩いています。
石門めぐり入口からライアンと登ってみることにしました。
0418-4

鎖場はもちろん無理なので、ここから鎖場を通らない迂回コースを行くことに。以前、第4石門のところで、ハイヒールの人を見たことがあるので、そっちなら行けるんじゃ?と思いライアンを連れて歩き始めました。が、やはり足場が悪くて10mくらい進んだところでライアンが嫌がってしまい即座に断念。
しょうがない、中之岳神社の金色のデカイ大国様を見て帰って来ました。
0418-5

道路の下側はさくらの里です。これからの季節、ゴールデンウィークあたりにかけていろいろな桜が咲きますよ。まだ、ほとんど蕾でした。
0418-6

八汐つつじ(たぶん)発見。
0418-7


ちなみに、家へ帰ってきてからのライアンはこんな感じ↓
0418-9

疲れたようです・・・。
石門めぐりも小学生くらいなら手軽に登れます。皆さんも、お近くにいらしたときには、ぜひどうぞ~。

おまけ・・・
ライアン家のしだれ桜も満開です。見ごろを迎えました。夕日にあたってキレイだったので・・・。
0418-8

ふたたびの、妙義山 - 2007.04.16 Mon

お天気のいい週末となったライアン地方。
桜の季節もあとわずかでしょうか?
ライアンを連れて妙義山へ行きました。
以前にも紹介している妙義山。そう、通信制大学の課題のためにライアンを連れて妙義に行ったのはもうしばらく前のこと。
実は、あれからまるっきり課題が進んでいなかったのでした・・・。
反省しつつ再び妙義山へ。
ゴツゴツとした山容が特徴の山で、金鶏・金洞・白雲の山を総称して妙義山といい赤城・榛名と並んで上毛三山のひとつです。後ろに写っているのが白雲山。山の中腹に大の字が掲げられています。ちょっと解りづらい・・・?
0415-1

相変わらずマーキングに余念がないライアンさん。
後ろの建物は「ふるさと美術館」です。
ここから歩いて妙義神社まで山道を下ります。
0415-3

「俳句の道」なるウッドチップの敷き詰められた山道を歩きながら、ふと上を見上げると青空と若葉がきれいでした。
0415-2

妙義神社はしだれ桜がきれいなんですが、残念ながらもう散ってしまい、葉桜になってました。
0415-8

いつもは人もあまりいないところですが、行楽シーズンでとても賑やかでした。びみょ~なカップルや不思議なおじさん&おばさんのグループ、いろんな人がいます。
神社と妙義山と桜の図。
0415-9

帰り道、神社の参道でイイモノ発見!
私の大好きな焼きまんじゅうです。
0415-4

ライアン県の名物。まんじゅうと言ってもアンコは入ってません。甘辛い味噌だれを塗って炭火で焼いています。まんじゅうの皮に味噌だれ?みたいな感じかなぁ?!かなりマイナーな名物ですな。
ライアン地方でもお祭りの屋台くらいでしかお目にかかれませんが、最近ライアン市内にお店ができました。食べると口のまわりが味噌だらけになります。
知らないおじさんが落としたのをライアンにくれました。
もちろん、私もあげましたが一気食い。
0415-5

再び美術館に戻って来ました・・・続きは後日。
0415-6

↑ライアンがいい表情をしていたので・・・。

おまけ・・・
春の山菜「たらの芽」が我が家で採れはじめました。
0415-7

ライアン地方では「たらっぺ」と呼びます。連日、天ぷらです・・・。

桜の名所 その2 - 2007.04.11 Wed

先月行った大塩湖の桜がそろそろ見ごろになったかな~?と、早速散歩へ出掛けました。
0411-1

先月来たときは桜の蕾もまだ固かったけど、今日はほぼ満開。
0411-2

ここは保育園時代の遠足の定番の場所であり、子供の頃から何度も遊びに来ているところです。
湖畔には1000本の桜やあじさいが植えられ、きれいに整備され、釣りやボート遊びも楽しむことができ、市民の憩いの場所となっています。
0411-3

桜が満開の休日ということもあり、早くもお花見の場所取りのシートなども敷いてありました。
前日の雨で草が濡れているので、ライアンはエプロンをして散歩開始。
0411-4

なぜかカエルが何匹も車にひかれてました。冬眠から目覚めて寝ぼけ眼だったのか?
0411-5

途中、バーベキューの準備をする陶芸の先生にばったり。なんと、朝6時に場所取りに来たそうです。
こんなところでも場所取りのバトルが繰り広げられてたとは・・・。
ぼちぼちと歩いて行くうちにまばらだった人影も、帰る頃にはかなりの人で車も止められないくらいになってました。
ライアンさんはというと・・・マーキングに余念がありませんでした。
0411-6

今度はアジサイの季節にでも・・・。

さて、この日はライアン地方の県議選投票日。夕方、ライアンの散歩の‘ついで’に投票へ。
大丈夫か?と思いながらライアンを外で待たせて投票を終えて出てくると・・・
0411-7

イイコにしてました。笑ってたので記念にカシャッ!

桜の名所 その1 - 2007.04.08 Sun

休日はいいお天気になったライアン地方。
桜もほぼ満開になりました。
なので、ライアンを連れて近隣の桜の名所へ。
0408-9

いつも行く公園のある隣町はかつての城下町です。
2万石の小さな城下町で、残念ながら今ではほとんど城下町の面影はありません。
公園に車を停めて少し歩くと雄川堰(おがわぜき)沿いの道に出ます。
0408-1

雄川堰はかつて生活・農業用水として使われていました。
名水百選に選ばれています。注:飲めません。
この道はこれからの季節が花が咲いてキレイみたいです。
0408-2

途中には「ほたる生息地」の看板も。
各家から堰へ降りる石段が一応設けられてはいるものの、今ではほとんど利用されていないであろう感じ。かつては生活用水として使われていたのに、今では水と生活が密接につながっていたという感じがまったくしなくて何だか残念。
0408-3

途中で遊歩道から外れてなぜか民家にはいってしまいました。
ウロウロしているうちに桜並木に到着。
0408-4

ここが小幡の桜並木です。朝、早い時間でしたが花見の人がたくさん来てました。なんと観光バスまで。きっと、これから富岡製糸に行くんだろうな~。
雄川堰と桜。
0408-5

今度の日曜はさくらまつりで武者行列が行われます。
0408-6

こんな白壁もあり(ここだけ)観光のお客様もちらほら・・・
「何もないね~」という会話が聞こえました。
そう、残念ながら何も無いとこなんですね~。
0408-7

ぷらぷら歩いていつもの公園に到着。
0408-8

いつもはガラッガラの公園も今日ばかりは花見の人がたくさん。
ライアンもたくさん歩いて疲れたね~。
0408-10

ラムボーン・・・その後 - 2007.04.06 Fri

暖かくなったと思ったら寒くなり、数日前は山がうっすら白くなってたライアン地方。今日はまた暖かい日に逆戻り、桜も満開に近い状態まで開花しました。
近所では早くもこいのぼりがお目見えしてました~。
0406-1

さて、先日ライアンに与えたラムボーン。その後はサークルの上に置かれっぱなし。ときどき思い出してはライアンに与えていたものの、ただひたすら舐めるばかり・・・。
0406-2

何気にきれいに白くなってるし・・・。
お天気も良くなって庭も乾いていたので、汚れないと思いもう一度与えてみました。
またまたペロペロと舐めるだけ・・・。
0406-3

‘ま、いいか、一日遊んでれば’っと思い、私は車に乗って出掛けようと車をバックさせたとき、『バキバキ』
‘ん?何の音?’
車を降りて確認してみると・・・そう、ラムボーンはタイヤに踏まれてまっぷたつ!
0406-5

意外や、中は空洞か?骨粗鬆症?
0406-4

ま、これで少しは食べやすくなったかな?
で、夕方帰ってから庭を見てみると・・・
ありました・・・しかもそのままの形で。
食べてないじゃん!もちろん今日もそのままでした。
結局、ずっと庭に放置されっぱなしのあわれラムボーン・・・。
0406-6

もう買ってあげないからね!

カタクリの花と思い出の味 - 2007.04.03 Tue

ライアン市の近くの町にカタクリの自生地があり、見頃を迎えたとのことで早速見に行ってみました。
0403-1

植えてから花をつけるまで9年くらいかかるそうです。
可憐な花です。
0403-2

昔から普通に車で通っていた道路わきに自生してます。
最近になって、カタクリ自生地として整備保護されました。

カタクリといえば・・・
一昨年のゴールデンウィーク、秋田県の田沢湖から角館へ抜ける道沿いの村にカタクリの自生地があり、ふと立ち寄って見たことがあります。個人の畑やら山の傾斜地やらにたくさん咲いてました。規模が違う~。たしか、西木村。でも、調べてみると町村合併により仙北市と名前が変わってました。
さっそく、昔の写真を探してみると・・・
↓コレです!色も濃い~。昔のカメラなのに・・・。
0403-3

この場所だけでなく、辺り一帯と言う感じ。我が家の裏山全体がカタクリ畑みたいな?
花も見ごろで、すごくキレイなところでした。

で、ここで思い出すのは何と言っても「ババヘラアイス」。そう、アイスクリームです。
おもしろいネーミングでしょ~?!大きな缶の中にアイスクリームが入っていて、コレをババがヘラですくってくれるからババヘラアイスだそうな。道路沿いで何度も見かけて気になってたけど、つい止まりそびれてしまい、買えずにいたところをここで遭遇。
残念ながら写真は無かったけど、色はピンクとクリーム色が混ざったような色で、昔の砂糖菓子みたいな懐かしい味がするアイスでした。
そして、ババヘラアイスのオフィシャルサイトを発見!
http://www.babahera.net/about.php
ババヘラアイスって登録商標だったんだ~知らなんだ~~。
秋田県内には道端や観光地でほっかぶりをしたおばちゃんがパラソルの下にポツンと座ってこのババヘラアイスを売ってます。お出かけの際はぜひお試しを・・・。
って、アイス屋さんの回し者ではありません。

4月です。 - 2007.04.01 Sun

今日から4月です。季節はすっかり春です!
数日前からライアン地方も桜が咲き始めています。
0401-2

そして、今年も教材が届きました。
0401-3

毎年毎年こんなにもいらないっつーの。
1冊をずっと使えばいいじゃん!資源のムダだ!!
そう、毎年この季節になると通信制大学の教材が一式、ダンボールに入って届きます。
てか、あと何年在籍するのか・・・。そう、それは私次第。
昨年度はいろいろあってスクーリングにもなかなか行けなかった。
レポートもあまり出せなかった・・・。
今年こそはまじめにがんばるぞ!!
と、毎春新たな志を抱いている私です。

さて、今日もライアンと散歩に出掛けました。
家の庭から裏の通りまでは自らリードをくわえていきます。
0401-4

つくしもニョキニョキとあたまを出して
0401-5

ライアン家の畑の桃の花も咲いてました。
0401-6

0401-7

時々行きたくないフリをするけど・・・
0401-10

心なしかライアンも楽しそう?
0401-8

そして、ナント!1ヶ月早い初物です。
0401-9

明日はたけのこごはんになるでしょう・・・。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Rac209

Author:Rac209
W・コーギーのライアン(♂・2004年12月生まれ)とともに群馬県に暮らす。いろんなものに興味をもちながら、気ままに生きていきたいなぁ~と、のんきに思う今日この頃。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。